学位記総代受領に際しての報告

平成20年3月25日、岡山大学大学院医歯学総合研究科博士課程を学位記受領総代として修了する事となりました。卒業、修了をした現在は、これまでの大学院生活を回想し、またこれから進む道への思いを新たにしている所です。

私は岡山大学歯学部を卒業後、岡山大学大学院医歯学総合研究科顎顔面口腔矯正学分野(旧歯科矯正学講座)で大学院生として研究および歯科臨床を並行して行なってきました。4年間の研究生活では、矯正歯科臨床における歯の移動時に際し、骨細胞が果たす役割についての基礎的研究を行ないました。幸運にも「先端歯学国際教育研究ネットワーク・先端歯学スクール2007」で最優秀賞を頂いた事や、論文が国際誌”Journal of Bone and Mineral Research”に受理された事は、非常に大きな励みとなりました。また共同研究や学会発表を通じて、年齢や国籍を問わず多くの方々と意見を交換する機会に恵まれた事や、多くの友人を作れた事は、日々の歯科臨床では得られない貴重な経験であったように思います。朝から夕方まで患者さんの歯科治療を行いながら、これまで学部生時代には縁の無かった研究活動を行う事は、想像以上に大変な事だと思います。しかしながら、研究生活で学んだ知の探求そのものが与えてくれる「自由」と「愉しみ」は、医療人として社会的な責任を果たす上で欠く事の出来ないものであり、今後の未来と意味のある人生を切り開いてくれるものだと確信しております。  最後に、これまで御指導頂いた先生方にこの場をお借りして謹んで感謝の意を表します。

 

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
顎顔面口腔矯正学分野

石原 嘉人

 

 
 
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
臨床専門医コース(博士課程)
〒700-8558 岡山県岡山市鹿田町2-5-1
TEL 086-233-7151(代表) FAX 086-235-7045

Copyright(C) 2007-2008 Okayama University All Rights Reserved